クルマ ニュース

投稿日: 2018.03.29 13:55

キャデラック初のコンパクトSUV『XT4』登場。成長続ける人気市場に参入へ


クルマ | キャデラック初のコンパクトSUV『XT4』登場。成長続ける人気市場に参入へ

2018年3月28日
プレスリリース

さらなるラグジュアリーを追求する、次世代のカスタマーに向けてキャデラックの新たな拡大戦略をスタート

新型コンパクトSUV『キャデラックXT4』を発表

ニューヨーク、2018年3月27日発-
 キャデラックは本日、マンハッタンのキャデラックハウスで、次世代のラグジュアリーカー購買層に向けて、新型コンパクトSUV『キャデラックXT4』を発表しました。(日本導入時期未定)

 キャデラックはもっとも成長率の高いラグジュアリーSUVのセグメントに向けて、独自のコンパクトSUVスペースフレーム構造の開発をベースに、表現力豊かなデザインと絶対的なドライビングパフォーマンス、ゆとりに満ちたキャビン、最新テクノロジーをご提供します。

 キャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長は「新登場の『キャデラック XT4』を投入することにより、当社は成功を収めてきたSUVラインアップの拡充を図るとともに、これまでに踏み出したことのないセグメントに参入します。この『XT4』はキャデラックの拡大戦略と製品価値をより高めていくためのスタートとなる1台であり、これを皮切りに、2021年まで半年ごとにニューモデルの情報を発信していく予定です」と述べています。

 XT4のシンプルで彫刻的なラインは、顧客を引き付けるとともに、力強いプロポーションとアグレッシブな存在感を際立たせます。インテリアはキャデラックならではの美しさを漂わせ、テクノロジーと魅力的なスタイリングを、細やかに芸術的に融合させています。洗練された雰囲気のキャビンのリヤシートはセグメント最大級のスペースが確保されています。

 XT4のすべてのモデルに、キャデラックが新開発した2.0リッター・ターボエンジンが搭載されています。このエンジンは、アクティブ・フューエル・マネジメント(気筒休止)、9速オートマチック・トランスミッション、次世代型エレクトロニック・プレシジョン・シフトなど、効率性を向上させるための新しいテクノロジーを採用している点が特徴です。

 XT4には、グローバルに展開する新たなYトリム戦略も初めて採用されています。個性的な“プレミアム・ラグジュアリー”モデルと“スポーツ”モデルには、装備をさらに充実させ、それぞれのモデルに合わせて用意されたコンテンツとスタイリングによって、顧客の多様な嗜好に対応できます。この新しいトリム戦略は、2019年からフラッグシップセダンの新型『CT6』より展開する予定です。

キャデラック初のコンパクトSUV『キャデラックXT4』
キャデラック初のコンパクトSUV『キャデラックXT4』
キャデラックXT4 エクステリア
キャデラックXT4 エクステリア


本日のレースクイーン

SARDイメージガール
松田蘭(まつだらん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング