クルマ ニュース

2019.02.14

VW『ゴルフ』と『up!』の”GTI限定車”が復活。パワーアップして再登場


クルマ | VW『ゴルフ』と『up!』の”GTI限定車”が復活。パワーアップして再登場

 フォルクスワーゲンの誇る高性能ホットハッチの代名詞“GT””が、ふたたびフルラインアップとなって復活。今回は特別仕様車として『up! GTI』と『Golf GTI Performance』が設定され、それぞれに新たなアイテムが加えられた魅力的な仕様に進化して2月13日から発売開始となっている。

 1976年にドイツ本国で初代『ゴルフGTI』が登場して以来、スポーツ性能に加えて日常での使い勝手を両立させてきたGTIシリーズは、日本市場でも高性能ハッチバックとして高い支持を集めてきた。

 そのGTIは長年にわたり主力モデルの『ゴルフ』と、その弟分である『ポロ』にはカタログモデルがラインアップされてきたものの、現行車種の末弟となる『up!』には不在の状況が続いてきた。

 そして2018年に待望の登場となった『up! GTI』は、標準車のロボタイズドMTではなく純然たるマニュアルトランスミッション専用車として設定され、600台の限定車として発売。コンパクトなボディサイズにスポーツチューンされた機敏な足回りなどが高く評価され、瞬く間に完売となっていた。

 その『up!』にふたたび登場するGTIは、昨年の装備に加えて新たにリヤビューカメラやプレミアムサウンドシステム“beats sound system”を採用し、安全性と快適性を向上させたほか、エクステリアカラーにも新たにタングステンシルバーメタリックを採用するなど、より魅力的な構成となっている。

 その他、主要コンポーネントは前回の『up! GTI』とほぼ同等とされ、116PS/200Nmの1リッター直列3気筒直噴ターボの1.0TSIと6速MTは不変。

 ダイナミックな走りを連想させる専用17インチアルミホイールやスポーツサスペンション、レッドのブレーキキャリパーを備えるGTI専用エクステリアや、純正インフォテイメントシステム”Composition Phone”を含め、タータンチェックのシート柄などインテリアもGTI伝統のしつらえとなっている。

ハニカムフロントグリル、フロントバンパー、ブラックドアミラーなどのGTI専用エクステリアを採用
新たにリヤビューカメラやプレミアムサウンドシステム“beats sound system”を採用した
純正インフォテイメントシステム”CompositionPhone”や、タータンチェックのシート柄などインテリアもGTI伝統のしつらえに


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1 レースクイーン2019
佐崎愛里(ささきあいり)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング