クルマ ニュース

投稿日: 2020.08.25 19:12
更新日: 2020.08.25 19:13

アウディ、4リッターV8+MHEV搭載の新型フラッグシップ『S8』発売


クルマ | アウディ、4リッターV8+MHEV搭載の新型フラッグシップ『S8』発売

2020年8月25日
プレスリリース

新型アウディS8を発売

◆アウディ ラインアップのフラッグシップスポーツセダン

◆4リッターV8エンジンに48VMHEVを組み合せ、最大トルク800Nmを発揮

◆路面の凹凸を先読みしてアクティブ制御する、プレディクティブアクティブサスペンションを搭載

 アウディジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ・ノアック)は、アウディのフラッグシップセダン、アウディA8シリーズのハイパフォーマンスモデル『アウディS8』を、本日より全国のアウディ正規ディーラー(124店舗、現時点)を通じて発売いたします。

 Sモデルは、圧倒的なパワーと環境性能を両立する先進のエンジンと、quattroフルタイム4WDシステムを搭載し、力強いパフォーマンス、優れたダイナミクス、そして高い実用性を兼ね備えたアウディのスポーツモデルの名称であり、各シリーズにおける上級グレードとして位置づけられています。アウディS8はアウディのラインアップにおけるフラッグシップモデルです。

 パワートレインは、最高出力571PS、トルク800Nmを発揮する4リッターV8ツインターボエンジンに、8速ティプトロニック・トランスミッションを組み合わせ、駆動方式はquattro(フルタイム4WD)です。
 
 エンジンの技術的ハイライトとして、マイルドハイブリッド・ドライブシステム(MHEV)を搭載しています。これは48Vリチウムイオンバッテリーと、クランク軸にベルトを介して連結されるBAS(ベルト・オルタネーター・スターター)を中核技術とするスタートストップシステムで、48Vという電圧を背景に、エナジーリカバリーシステムにより、高いエネルギー回収効率を実現します。
 
 また、減速および惰性走行時には、シリンダーオンデマンド(Cod)により、エンジンを停止して燃費を改善します。

 エクステリアは、前後バンパーがS8専用のデザインとなり、4本出しの楕円エキゾーストフィニッシャー、9J×21のアルミホイール5ダブルスポークデザインがそのハイパフォーマンスぶりを演出しています。
 
 インテリアはカーボンのデコラティブパネルや、バルコナレザーを用いたスポーツシートを採用するなど、スポーティさと上質さを高い次元で両立しています。

 シャシーはレーザースキャナーやカメラセンサーを用い、路面の凹凸を先読みし、サスペンションストロークをアクティブ制御するプレディクティブ・アクティブ・サスペンションを搭載しています。
 
 また65km/h以下ではリヤタイヤはフロントと逆方向に最大5度まで電子制御により操舵し、都市部などで最小回転半径を小さくして取り回しの良さに貢献、中高速ではリヤタイヤはフロントと同方向に操舵され、操縦安定性を向上させるダイナミック・オールホイールステアリング(四輪操舵)を装備しています。
 
 さらに、リヤスポーツディファレンシャルをquattroに組み合わせ、快適かつダイナミックな走行性能を実現しています。

 新型S8のボディ構造は、アウディのブランドスローガンVorsprung durch Technik(技術による先進)を体現し、初代A8に採用以来進化を続けるASF(アウディ・スペースフレーム)を採用。アルミニウムをはじめ、スチール、マグネシウム、そしてカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を適材適所に組み合わせ、高強度・高剛性なボディにより、正確なハンドリングや高い静粛性を実現しています。

■車両本体価格

アウディS8:2010万円(税込)

新型アウディS8(インテリア)
新型アウディS8(インテリア)
新型アウディS8(エクステリア:リヤ&サイド)
新型アウディS8(エクステリア:リヤ&サイド)


本日のレースクイーン

apr sweetプリンセス
non(のん)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング