クルマ ニュース

投稿日: 2020.10.15 19:11
更新日: 2020.10.15 19:12

スバル、新型『レヴォーグ』を発表。先進安全、スポーティ、ワゴン価値を進化させたパフォーマンスワゴン


クルマ | スバル、新型『レヴォーグ』を発表。先進安全、スポーティ、ワゴン価値を進化させたパフォーマンスワゴン

2020年10月15日
プレスリリース

~高度運転支援システム『アイサイトX』搭載グレード構成比が、先行予約台数全体の9割超え*1~

●360度センシングを実現し、リアルワールドにおける安全性を進化させた『新世代アイサイト』を全車標準装備
●3D高精度地図データと、GPSや準天頂衛星『みちびき』などの情報を活用した高度運転支援システム『アイサイトX(エックス)』をSUBARU初採用
●新開発1.8L直噴ターボ“DIT”エンジンやスバルグローバルプラットフォーム×フルインナーフレーム構造を採用
●大型センターインフォメーションディスプレイや、フル液晶メーターで構成された先進的なデジタルコクピットを採用

 スバルは、新型『レヴォーグ』を本日10月15日に発表します。

 新型『レヴォーグ』は、スバルに脈々と受け継がれる「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というグランドツーリングのDNAを継承。そのうえで、スバルの最新技術を結集し、『先進安全』、『スポーティ』、『ワゴン価値』の3つの価値を革新的に進化させたパフォーマンスワゴンです。

 先進安全では、360度センシングを実現し、リアルワールドにおける安全性を進化させた『新世代アイサイト』を全車標準装備。さらに、3D高精度地図データと、GPSや準天頂衛星『みちびき』などの情報を活用した高度運転支援システム『アイサイトX(エックス)』を搭載したグレードを新たに設定することで、新次元のストレスフリーなセイフティドライビングを実現しました。

 スポーティでは、新開発1.8L直噴ターボ“DIT”エンジンやスバルグローバルプラットフォーム×フルインナーフレーム構造により、走りの質感を飛躍的に高めました。また新デザインコンセプト『BOLDER*2』をスバル量産車で初めて採用し、スポーティさを大胆に表現しました。

 ワゴン価値では、快適性や積載性を実現するワゴン機能やインテリアに磨きをかけました。大型センターインフォメーションディスプレイや、アイサイトX搭載グレードに採用のフル液晶メーターで構成された先進的なデジタルコクピットは、運転に必要な情報の認知から操作を、よりスマートにサポートします。

 新型レヴォーグの先行予約台数は、2020年8月20日から10月14日までに8290台に達しました。また高度運転支援システム『アイサイトX』搭載グレードが93%と、多くのお客様に新型レヴォーグの先進性が支持されています。

*1 先行予約期間:2020年8月20日~10月14日。
*2 スバルのデザインフィロソフィーである『Dynamic×Solid』を深化させ、それぞれのクルマが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト。

スバルオフィシャルwebサイト 新型『レヴォーグ』
https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

新型スバル・レヴォーグ/フロント
新型スバル・レヴォーグ/フロント

【商品の主な特徴】*3
1. 安全性能
(1)360度センシングを実現し、安全性を向上させた『新世代アイサイト』を全車標準装備

 広角化した新開発のステレオカメラに加えて、前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現。ソフトウェアの性能向上や、電動ブレーキブースターの採用などにより、これまで以上に幅広いシーンで安全運転をサポートします。

・前側方プリクラッシュブレーキ
 見通しの悪い交差点や店舗の駐車場などから出庫する際に、前側方レーダーによって前側方から接近する車両を検知。衝突の危険があるとシステムが判断した場合、警報音やアイサイトアシストモニターなどで注意を喚起。回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、出会い頭の衝突回避をサポートします。

・前側方警戒アシスト
 11.6インチセンターインフォメーションディスプレイにフロントビューモニターを表示させている場合に、見通しの悪い交差点などで、前側方レーダーによって接近車両を検知すると、映像内にインジケーターで通知します。

・緊急時プリクラッシュステアリング
 プリクラッシュブレーキの制御だけでは衝突回避が困難な場合、システムが周囲に回避スペースがあると判断すると、ステアリング制御もあわせて行い衝突回避をサポートします。

・エマージェンシーレーンキープアシスト
 約60km/h以上で走行している場合、隣接車線の後方車両が接近しているにもかかわらず、車線変更を行おうとした場合や車線からはみ出しそうになった際、音と表示でドライバーに注意を喚起するとともに、ステアリング操作をアシストして車線からの逸脱を抑制します。

(2)高精度マップを活用した新開発の先進運転支援システム『アイサイトX』を採用


本日のレースクイーン

au Circuit Queen
央川 かこ(おうかわ かこ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング