クルマ ニュース

投稿日: 2020.12.01 17:27
更新日: 2020.12.01 17:29

ボルボ『S60』と『V60CC』にも48Vハイブリッドを搭載し、全車電動化が完了


クルマ | ボルボ『S60』と『V60CC』にも48Vハイブリッドを搭載し、全車電動化が完了

 先頃更新された主力のステーションワゴン『V60』に続き、ボルボのラインアップで中核を担うセダン『S60』と、そのクロスオーバーモデル『V60 Cross Country(クロスカントリー)』にも、装備の一部変更とともに48Vハイブリッドのパワートレインを導入し、11月26日より発売が開始された。これにより国内販売モデルの全車電動化が完了し、内燃機関のみ搭載のモデルが消滅している。

 ボルボのラインアップで最後となったガソリン直噴にターボとスーパーチャージャーを組み合わせた“T4”と“T5”パワートレインが姿を消し、『S60』には新たに48Vハイブリッドパワートレーンを採用した“B4”と“B5”に加え、プラグインハイブリッドの“Recharge Plug-in hybrid T6”を追加設定。『V60 Cross Country』でも“T5”が“B5”に置き換えられ、これでボルボの国内販売モデルはすべて電動化が終了した。


本日のレースクイーン

Pガール
鈴乃八雲(すずのやくも)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング