クルマ ニュース

投稿日: 2020.12.08 17:10
更新日: 2020.12.08 17:11

フォルクスワーゲンの小型SUV『T-Roc』と『T-Cross』が一部改良。コネクテッドを強化


クルマ | フォルクスワーゲンの小型SUV『T-Roc』と『T-Cross』が一部改良。コネクテッドを強化

 フォルクスワーゲンのラインアップに加わったコンパクトSUV軍団の『T-Cross(ティークロス)』と『T-Roc(ティーロック)』に、早くも一部仕様変更が実施され、常時コネクティッドの新世代インフォテイメントシステムを搭載。12月4日より発売開始となっている。

 2020年1月から本格販売が開始され、10月までの累計販売台数で輸入SUV首位を記録する『Tクロス』は、フォルクスワーゲンのSUVラインアップ最小モデルとして登場。全長4115mm、全幅1760mm、全高1580mmと、コンパクトなボディサイズでありながら、広々とした居住空間を持つ。最大14cmも前後スライド可能なリヤシートに加え、クラストップレベルの広大な荷室容量を備えるなど、フレキシブルなユーティリティ性能と高い実用性を誇っている。


本日のレースクイーン

HIROSHIMA+Angels
果生梨(かおり)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング