クルマ ニュース

投稿日: 2021.01.29 11:57
更新日: 2021.01.29 18:21

ポルシェのフル電動スポーツカー『タイカン』に後輪駆動モデルが追加


クルマ | ポルシェのフル電動スポーツカー『タイカン』に後輪駆動モデルが追加

2021年1月28日
プレスリリース

ポルシェがタイカンモデルレンジを拡張

後輪駆動のフル電動スポーツカー『タイカン』が登場

 ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)は、タイカンターボS、タイカンターボ、タイカン4Sに続くポルシェ初のフル電動スポーツカーの4番目のバリエーションとして導入される後輪駆動モデル『タイカン』の予約受注を1月28日(木)より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始します。

 後輪駆動システムを備えたタイカンには、ふたつのサイズのバッテリーが用意されています。標準装備されるパフォーマンスバッテリーは、ローンチコントロールとオーバーブーストモード使用時に最高出力300kW(408PS)を発生し、オプションのパフォーマンスバッテリー プラスを選択すると、最高出力は350kW(476PS)に増加します。
 
 公称出力は、それぞれ240kW(326PS)と280kW(380PS)です。他のタイカンモデルレンジと同様に、カラーヘッドアップディスプレイと、最大22kWの充電容量を備えたオンボードチャージャーがオプション装備に含まれます。

ポルシェ・タイカン(エクステリア:フロント)
ポルシェ・タイカン(エクステリア:フロント)

●ふたつのバッテリーから選択
 総容量79.2kWhのパフォーマンスバッテリー(シングルデッキ)が標準装備され、オプションで総容量93.4kWhのパフォーマンスバッテリー プラス(2デッキ)を選択することもできます。航続距離(WLTP)はそれぞれ最大431kmと最大484kmです。
 
 どちらのバッテリーの場合も、タイカンは5.4秒で静止状態から100km/hまで加速し、最高速度は230km/hに達します。最大充電容量は225kW(パフォーマンスバッテリー)および270kW(パフォーマンスバッテリー プラス)です。

●革新的な電気モーターとダイナミックなパフォーマンス
 見事な加速、スポーツカー特有のトルク、そして連続使用可能な卓越した出力。エントリーモデルの新型タイカンもこれらのメリットを備えます。リヤアクスルの永久励磁シンクロナスモーターの有効長はタイカン4S と同じ130mmで、パルス制御インバーターが最大600Aで作動します。
 
 ドライブアーキテクチャーには、リヤアクスルの永久励磁シンクロナスモーターに加えて2速トランスミッションも含まれます。さらなるハイライトが、モデルシリーズの他のバージョンと同じインテリジェントな充電マネジメントと優れたエアロダイナミクスです。0.22のCd値によって、エアロダイナミクスは低いエネルギー消費量と長い航続距離に大きく貢献します。ブレーキによる最高回生出力は265kWです。

■次のページへ:●ポルシェのDNAを受け継ぐ純粋なエクステリヤデザイン


関連のニュース

本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
犬宮えむ(いぬみやえむ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング