国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.05.08 18:54
更新日: 2017.05.08 19:01

ブリヂストン 2017年86/BRZ レース第2戦オートポリス レースレポート


国内レース他 | ブリヂストン 2017年86/BRZ レース第2戦オートポリス レースレポート

2017年5月8日
プレスリリース

2017 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 『Professional Series』 第2戦

ブリヂストン装着勢が表彰台を独占

開催場所:オートポリス
開催日:5月7日

 開幕戦の予選で2位に1秒085という大きな差をつけた#1佐々木雅弘選手(ブリヂストン)。同じマシンで戦うワンメイクレースにおいて、そのタイム差は脅威的といっていい。

 その速さはそのままオートポリスへ持ち込まれ、レースウィークのプラクティスでは2分12秒3を記録。

 他のドライバーが2分13秒台だったこともあり、今回も1秒以上の大差を付けるのか?? そんな空気がサーキットには漂っていた。

●予選

 しかし、そうした予想は外れることになった。予選開始早々に#47蒲生尚弥選手(ブリヂストン)が2分12秒008でトップに立つ。その後も続々と12秒台のタイムをマークする。

 前日よりもおよそ1秒のタイムアップしている。しかも、それは有力選手の何人かがまだ予選に出ていない状況だった。佐々木雅弘選手もまた、予選後半でのタイムアタックをする予定だった。

 しかし予選時間が半分を過ぎた頃、スローダウンした車両がコースサイドでストップしてしまい、マシンを回収するために予選は赤旗中断となった。

 予選再開後にアタックした佐々木雅弘選手は1分11秒951をマークし、トップへ。

86/BRZレース プロフェッショナルシリーズ
86/BRZレース プロフェッショナルシリーズ

 しかし#31青木孝行選手(ブリヂストン)がそれを上回る1分11秒637でトップを奪う。さらに#76小河諒選手(ブリヂストン)がその間に割って入り、そのチームメイトの#97近藤翼選手(ブリヂストン)のタイムが注目されたが、スローダウンしたマシンに引っ掛かってしまいタイムは伸びなかった。

 結局11秒台に3台が並び、予選20位までがコースレコードという予選となった。

●決勝レース


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング