F1 ニュース

投稿日: 2015.11.30 12:37
更新日: 2017.04.21 12:38

マクラーレン「アロンソの3番手タイムで進歩確信」/アブダビGP日曜


F1 | マクラーレン「アロンソの3番手タイムで進歩確信」/アブダビGP日曜

 2015年F1アブダビGPの日曜決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは17位、ジェンソン・バトンは12位だった。

■マクラーレン・ホンダ
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 フラストレーションが溜まり疲労困憊するレースで、フラストレーションが溜まり疲労困憊するシーズンを締めくくることになった。

 昨日の予選ではジェンソンが12位、フェルナンドが17位を獲得、決勝ではポイント獲得のポテンシャルに何ら進展が見られなかった。ふたりは12位(ジェンソン)と17位(フェルナンド)のままレースを終えたのだ。

 ふたりともそれぞれにトラブルに見舞われた。ウイリアムズのピットクルーの責任でバルテリ(・ボッタス)のマシンが危険な状況で発進、その結果ジェンソンのリヤウイングのエンドプレートがダメージを負った。フェルナンドはパストール(・マルドナド)との接触の後、ドライブスルーペナルティを受けた。我々の見解では罪のない接触だった。

 そうはいっても、喜ぶべき理由もいくつかあった。週末を通してコーナリングスピードが非常によかった。
 最後の5周、フェルナンドのマシンのセッティングを“フルデプロイメント”に切り替えた。その理由のひとつは、彼に多少なりとも走ることを楽しんでもらうためだった。彼は何週間も何カ月も、走る喜びとは無縁だったからね。もうひとつの理由は、そういったパフォーマンスセッティングでマシンがどれぐらいいい性能を発揮するかを確認するためだった。

 その結果は「心強い」などという言葉では表現しきれないものだった。52周目、彼は1分44秒796の自己ベストタイムを記録した。レース中、彼より速いタイムをマークしたのはたったふたり。メルセデスのルイス・ハミルトンとフェラーリのセバスチャン・ベッテルだけだったのだ。
 つまり我々は進歩しつつあるということだ。それは間違いない。


関連のニュース

本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング