F1 ニュース

2016.03.08

2台のフェラーリF1が鈴鹿を疾走しファンを魅了


F1 | 2台のフェラーリF1が鈴鹿を疾走しファンを魅了

3月5日~6日に鈴鹿サーキットで開催された『フェラーリ・レーシング・デイズ2016』に懐かしいF1マシンが2台登場。鈴鹿サーキットを駆け抜けた。

フェラーリでは、現役を終えたF1マシンを個人オーナーに販売する専門部署が本拠地マラネロに設けられており、今回のようなイベント時に、F1マシンでサーキットを走行するオーナーをサポートする“F1クリエンティ”というプログラムも存在する。今回もマラネロからクリエンティのスタッフが駆けつけ、個人オーナーが所有しているフェラーリF1を全開走行が可能な状態にするべく、メンテナンスを行っている。

当初は合計4台のF1マシンが走行する予定だったが、サーキット入りしたのは01年のF2001、03年のF2003-GA、10年のF10の3台のみ。さらに元F1ドライバーのマルク・ジェネがドライブする予定だったF10は不具合により走行を断念。2台のみの走行となってしまったが、オーナードライバー自らマシンに乗り込みコースインしていった。

フェラーリ・レーシング・デイズ2016を訪れたマルク・ジェネ
フェラーリ・レーシング・デイズ2016を訪れたマルク・ジェネ

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ2019
月愛きらら(かぐあきらら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング