F1 ニュース

投稿日: 2016.04.23 16:55
更新日: 2016.04.23 17:01

エクレストン、女性ドライバーへの積極的支援を明言「他の連中は、口だけで実際には何もしない」


F1 | エクレストン、女性ドライバーへの積極的支援を明言「他の連中は、口だけで実際には何もしない」

 バーニー・エクレストンは、女性ドライバーをF1に出場させるために、スージー・ウォルフの「デア・トゥ・ビー・ディファレント」プログラムをあらゆる方法でサポートすると明言した。 

 エクレストンは、先日ある広告フォーラムで、特に女性ドライバーに関して一連の否定的な発言を述べたとして、多くの批判を浴びていた。報道によれば、彼は女性がF1に出場しても「まともには受け取られない」と発言し、また女性にはクルマを速く走らせる身体的能力がないとも示唆したという。ウォルフが2012年から15年まで、最初は開発ドライバーとして、後にはテストドライバーとしてウイリアムズに在籍し、金曜のプラクティスにも4回出走しているにもかかわらずだ。

 今年初め、モータースポーツの世界への女性の進出を手助けする試みとして「デア・トゥ・ビー・ディファレント」プログラムを立ち上げたウォルフは、エクレストンと直接会って、そうした発言の真意をたずねたという。その後、彼女はツイッターやBBCのインタビューを通じて、報道されたエクレストンの発言は文脈を無視して抜き取られたものであり、彼はできることなら何でも支援するつもりでいると述べた。

 英AUTOSPORTに対し、エクレストンはこう語っている。「彼女(ウォルフ)の活動に必要であれば、何でも試し、サポートするつもりでいる。はっきりさせておきたいのは、私がF1で女性ドライバーが活躍するのを見たいと思っていることだ。それは断言できる。100パーセントだ」

「私は壇上でマーティン・ソレル(フォーラムでのインタビュアー)に、『女性ドライバー2人を乗せるなら、そのチームに1億ユーロを出すというスポンサーが現れたとしたら、どうしますか?』と質問されて、私は『とても嬉しく思うだろうし、必要なら私があと2000万ユーロ出してもいい』と答えた。しかし、彼らはその部分を報道するのを忘れていたようだ。まあ、どう言われようと、私はあまり気にしないがね」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

Arrange Lovely Cats
葵井えりか(あおいえりか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング