F1 ニュース

投稿日: 2016.04.25 14:56
更新日: 2016.04.25 15:01

フォース・インディア「連続ノーポイントは、不運が重なったことが原因」と主張


F1 | フォース・インディア「連続ノーポイントは、不運が重なったことが原因」と主張

 フォース・インディアがF1で2016年シーズン開幕から低迷している原因は、純粋に不運が原因だとチームは主張している。 

 昨年7月にBスペックのマシンを投入し、2015年シーズン後半には強さを発揮したフォース・インディア。今シーズンも好調を維持できると期待されていたが、これまでのところチームの獲得ポイントは、オーストラリアGPで7位につけたニコ・ヒュルケンベルグの6ポイントのみとなっている。皮肉なことに、2戦連続でのノーポイントは昨シーズンの2戦目(マレーシアGP)と3戦目(中国GP)以来となる。

 前戦の中国GPではセルジオ・ペレスが一時3番手、ヒュルケンベルグも4番手まで順位を上げたにもかかわらず11位、15位と下位に終わったことについて、チーフ・オペレーティング・オフィサーのオットマー・サフナウアーは以下のように語っている。

「そういう週末もあるということだ。マシンのペースは良かった。良いスタートも切れていたけれど、(4周目に発生したダニエル・リカルドのタイヤトラブルによる)セーフティカー中にピットしなければならず、その後も追い上げに時間を費やした。そうなると予定よりもタイヤに厳しくなるため、早めにピットすることにしたんだ。最後のスティントを中団グループの誰よりも長くとることになり、それがライバルのオーバーテイクを許してしまった」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン


村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング