F1 ニュース

投稿日: 2016.04.29 15:15
更新日: 2016.04.29 15:19

ベッテル、クビアトと和解か。中国GPの一件は「レーシングアクシデント」と認める


F1 | ベッテル、クビアトと和解か。中国GPの一件は「レーシングアクシデント」と認める

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1中国GPで起きたレッドブルのダニール・クビアトとの接触は、レーシングアクシデントだったという見解を示した。  

 クビアトが1コーナーでインに飛び込んできたことで、チームメイトのキミ・ライコネンとクラッシュしたとレース後に非難していたベッテル。とはいえ、クビアトに対して放った自身の発言に後悔はなく「僕たちはレースをしていたんだ」と言う。

「あれはレーシングアクシデントさ。彼にとってはクルマに問題は起きなかったし、順位も上げられたわけだから良い結果だっただろうね。ボクとキミにとっては好ましい結果ではなかったけど、起きてしまったのだから受け入れるしかない」

 ベッテルは、まだクビアトとの一件が話題になっていることに驚いており、レース後に感情が高ぶることについても説明している。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン


村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング