F1 ニュース

投稿日: 2016.05.01 21:38
更新日: 2016.05.02 23:45

ロシアGPスタート直後に、またも“因縁”の多重クラッシュが発生


F1 | ロシアGPスタート直後に、またも“因縁”の多重クラッシュが発生

 F1ロシアGP決勝、スタート直後の2コーナーで多重クラッシュが発生した。前方では、レッドブルのダニエル・リカルドに並びかけていたフェラーリのセバスチャン・ベッテルと、その後方にいたレッドブルのダニール・クビアトが接触。リカルドも影響を受けてピットイン、フォース・インディアのセルジオ・ペレスは右リヤタイヤがパンクした状態でピットへ向かった。

 ベッテルは2コーナーの事故のあと、3コーナーでクビアトに再び追突されてクラッシュ。その場でリタイアとなった。クビアトはノーズを交換してレースに復帰。その後、10秒のストップ&ゴー・ペナルティを受けて、それを消化している。

 同時に後方での数台が絡む接触があり、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグとマノーのリオ・ハリアントがレースを終えた。この事故については、ハースのエステバン・グティエレスにドライブスルーペナルティが出ている。

ロシアGPスタート


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング