F1 ニュース

投稿日: 2016.05.29 15:38

モナコGP決勝直前情報:午前中に雨の予報。2台とも問題を抱えたメルセデス


F1 | モナコGP決勝直前情報:午前中に雨の予報。2台とも問題を抱えたメルセデス

 今年のF1モナコGP決勝の注目点は、ふたつある。ひとつはポールポジションからスーパーソフトタイヤでスタートするレッドブルのダニエル・リカルドと、予選で2台そろって燃料ポンプに不具合が発生していたメルセデス勢のペースがどうなるか。もうひとつは、天気だ。

 まず、リカルドのペースについて。Q3に進出したトップ10ドライバーは、Q2で自己ベストタイムを刻んだときに装着していたタイヤでスタートしなければならない。そして、Q2ではリカルドのみ、ウルトラソフトではなく、スーパーソフトを使用してベストタイムを記録した。

 当然ながら、ウルトラソフトよりもスーパーソフトのほうが硬いコンパウンドなので、長い距離を走ることができる。つまり、リカルドがポールポジションからトップを走行する場合、2番手以下のドライバーが先にピットインすることになる。そうなると第1スティントのリカルドのペースしだいで、後続のドライバーたちの判断が分かれる可能性がある。

 リカルドのペースを左右する要素のひとつが、メルセデス勢だ。もしニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンが予選で起きた問題を解決し、決勝ペースでリカルドを上回るようなら、逆転のチャンスはある。逆に、ウルトラソフトでスタートするメルセデスの2台が、スーパーソフトを履くリカルドに追いつけないようなら、かなり厳しい戦いになるだろう。

 ちなみにピレリのレーシングマネージャー、マリオ・イゾラによれば「ウルトラソフトは30周前後、スーパーソフトは50周以上もつ」という。


本日のレースクイーン

BPR SOUL ANGEL
神楽万早実(かぐらまさみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング