F1 ニュース

投稿日: 2016.02.20 19:07
更新日: 2016.03.11 19:17

ウイリアムズ新車は「低速での問題」にフォーカス


F1 | ウイリアムズ新車は「低速での問題」にフォーカス


2月19日にニューマシンFW38の画像を公開したウイリアムズ。チーフ・テクニカルオフィサーであるパット・シモンズが新車について語っている。

──FW38の設計コンセプトは?

「FW37は出来の良いクルマだったので、その長所を失わずに改善できる領域はどこかを理解しようと考えた。FW37は高速域でのパフォーマンスと比べると、速度の低い領域で見劣りするところがあった。したがって、なぜそうだったのかを突き止め、必要な改良を施すことに多くの時間を費やした」

──設計のプロセスはいつから始まった?

「正確に答えるのは難しい。上級エンジニアの間では、パフォーマンスを高める方法について絶えず話し合っているからだ。それでも何とか答えるとすれば、まだFW37が走り始めてもいない昨年の1月半ばには、もうFW38のコンセプトについて『やりたいこと』リストを作るミーティングが開かれていた。FW37のテストが始まり、次のクルマで採るべきデザインの方向性がもう少しはっきり見えてきた段階で、モノコックやギヤボックスなど、設計だけではなく構造解析にも時間がかかる部分の基本的なレイアウトの作業が始まっていた」

──2016年には何が変わる?

「テクニカルレギュレーションは、ほとんど変わっていない。安全性を高めるためにドライバーの頭部を保護するプロテクターが少し大きくなり、強度も上がっている。観客にもわかりやすいのは、エンジンの音がやや甲高くなることだろう。冬の間にエンジンの燃焼が改善され、それだけでも少し音が大きくなることに加えて、ターボのウェイストゲートからの排気をメインのエキゾーストへ出さずに、直接外へ排出するようになるからだ。これだけで音量は12%ほど大きくなる。時には高性能ターボエンジン特有の刺激的な音も聞けるかもしれない」


関連のニュース

本日のレースクイーン

WAKO'S GIRLS
南まりあ(みなみまりあ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング