F1 ニュース

投稿日: 2016.06.05 15:33
更新日: 2016.06.05 15:34

ホンダ甘口/辛口ダブル評価 モナコGP編


F1 | ホンダ甘口/辛口ダブル評価 モナコGP編

 マクラーレン・ホンダの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のマクラーレン・ホンダのコース内外の活躍を批評します。今回は第6戦モナコGPを、ふたつの視点でジャッジ。

————————–

 モナコGPで、またもマクラーレン・ホンダがポイントを獲得した。これでロシアGPから3戦連続での入賞である。これは、ホンダがマクラーレンと組んで復帰した2015年以来、初めてのことだ。しかも、今回はダブル入賞。12点を加算し、コンストラクターズポイントでもハースを抜いて7位に浮上した。ちなみに現時点でのコンストラクターズポイント24点は、昨年一年間で得た27点に迫る勢いである。

 確かにグランプリ前に期待していたほどの速さを、予選で披露できなかったというもどかしかはあった。それでも、レースは結果がすべて。いかに速いマシンとパワーユニットを持っていても、フィニッシュラインを越えることができなければ、何も残らない。そういう意味で、マクラーレン・ホンダはドライバーも含めて、チームとしてしっかり機能していたと言っていい。

 何事もなく週末を終えることが、いかに大切であり難しいかは優勝したメルセデスAMGですら、予選でパワーユニットに不具合が発生し、レースではロズベルグがレース序盤にブレーキに違和感を感じたためにポジションダウンするシーンが見られたことで如実に証明している。レッドブルはダニエル・リカルドがチームの戦略をミスで優勝を逃し、マックス・フェルスタッペンは若さが仇となってガードレールの餌食となった。フェラーリはキミ・ライコネンが土曜日の予選直前になってギヤボックスを交換して、5番手降格していた。

 その点、マクラーレン・ホンダは期待していたほどの速さを示せなかったものの、致命的なトラブルやミスはなかった。2台でポイントを獲得したのは、メルセデスAMGとフォース・インディア、そしてマクラーレン・ホンダだけである。


関連のニュース

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング