F1 ニュース

投稿日: 2016.06.12 16:38

F1カナダGP 予選トップ10ドライバーコメント


F1 | F1カナダGP 予選トップ10ドライバーコメント

 F1第7戦カナダGP予選、トップ10に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=1位
 最終ラップで本当の戦いをすることなくポールを獲得するというのは、必ずしも望ましい形ではないけど、どんな形であれ、ポールを取れたのは嬉しいよ!

 もっとタイムを見つけられる余地はあったけれど、最初のランで十分な走りができたことに満足している。

 このサーキットは僕と相性がいいんだ。ブレーキングがすべて。僕は子どものころから誰よりもレイトブレーキングをしていたから、そこが僕のスタイルに合っているのかもしれない。特にセクター1が強いしね。

 走っていて最高のコースだ。F1のカートコースといった感じで、高速で縁石を飛び越えて走る。それに僕にとってはF1初優勝の地だから、ここに来ると特別な気持ちになる。ファンも素晴らしいしね。

 レースは接戦になるだろう。昨日の状態に自分を戻すため、今夜研究する必要がある。今日は昨日ほど走っている時に強さを感じなかった。昨日はすごくうまくいっていたんだけど、今日セットアップを変えたら、いい感触を少し失ってしまった。

 だから自分が思うとおりにマシンを動かせていたわけじゃないんだ。そうなると限界までプッシュすることはできない。

 フェラーリはロングランで強そうだから、用心しないとね。

 今日はあまりうまくいったとはいえない。今日のポールラップはキャリアの中でも下の方のレベルだ。それでもポールを取れたことには変わりはないから満足しているけどね。

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ロズベルグ 予選=2位
 ほんのわずかの差でポールは逃したけれど、フロントロウからスタートできるのだからいい位置を確保できたと言える。

 今日ルイス(・ハミルトン)は最初のフライングラップで僕より少しだけ速かった。それで2回目のランでさらにプッシュしてギャップを縮めようとしたが、失敗して1コーナーでロックアップしてしまった。2周目を走る時間はなかったから、そこでチャンスが消えた。

 それでもレース中にルイスをオーバーテイクするチャンスはある。最近スタートはうまく決まっているから、期待できる。タイヤ戦略で違うことを試してみる価値もあるね。

 いずれにしても盛り上がるはずだよ。予報によると明日は興味深い天気になりそうだし、わくわくしている。カナダは特別なグランプリだから、決勝を走るのが待ちきれない思いだ。

(ターン1のロックアップについてFIA記者会見で聞かれ)見られてなければいいと思っていたのに! でもテレビに映っちゃったんだよね。Q3の最初のラップはうまくいった。でもルイスに勝てるほどじゃなかった。今は、どこでポールタイムに届かなかったのかを考えている。


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング