F1 ニュース

投稿日: 2016.06.12 18:33
更新日: 2016.06.12 18:41

カナダGP決勝直前情報:マクラーレンは雨を想定、メルセデス2台は同じ戦略か


F1 | カナダGP決勝直前情報:マクラーレンは雨を想定、メルセデス2台は同じ戦略か

 F1カナダGPの決勝レースで鍵を握るのは、天候となるかもしれない。日曜日のモントリオールの天気予報は、降水確率60%。雨が降る確率が高いのは午前中で、午後は曇りと予想されているが、最高気温14度と、肌寒かった土曜日よりも、さらに寒い一日となりそうだ。そうなると午前中に降った雨が乾かない可能性が高い。

 前戦、雨が降るなかスタートが切られたモナコGPでは、タイヤ交換のタイミングが明暗を分けた。メルセデスはルイス・ハミルトンのみ、ウエットからインターミディエイトに交換せず、路面が乾きだすまでウエットで引っ張って直接ドライタイヤに交換した。しかし、カナダGPでは「ピットストップ回数は状況によるが、2台で戦略を分けることはなく、イコールコンディションでレースさせる」と、メルセデスのトト・ウォルフは語っている。

 予選でメルセデス勢にコンマ1秒差まで迫ったフェラーリのセバスチャン・ベッテルは「僕たちは予選よりも決勝のほうが得意だから、いいレースが期待できる」と、予選3番手から今シーズン初優勝を狙う。ちなみにセルジオ・マルキオンネ社長の母親はカナダ人で、日曜日にはマルキオンネがサーキットに来ると言われている。


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
友野ゆみ(とものゆみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング