F1 ニュース

投稿日: 2016.06.18 01:06

新コース初日トップはハミルトン、ロズベルグとフェラーリ2台に異状が発生


F1 | 新コース初日トップはハミルトン、ロズベルグとフェラーリ2台に異状が発生

 2016年F1第8戦ヨーロッパGPは、6月17日にフリー走行2回目が行われた。気温25度、路面温度は34度。一回目に引き続き、トップに立ったのはメルセデスのルイス・ハミルトンだった。 
 
 セッション開始から15分が過ぎたころ、それまでソフトタイヤでトロロッソのカルロス・サインツJr.がマークしていたトップタイムを、ミディアムタイヤを履くドライバーたちが更新していく。ウイリアムズのバルテリ・ボッタス、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ、そしてメルセデスのハミルトンとニコ・ロズベルグの2台は1分45秒台と、力の差を見せつける。

 アロンソ、バトンともタイムの伸びは順調で、それぞれコンスタントにトップ10内の順位で推移していったが、ボッタスがスーパーソフトタイヤで2番手に浮上すると、ロズベルグが1分44秒913とトップタイムをマーク。その後、セッション開始から30分が経過したころ、アロンソ車から異音が発生。アロンソはピットインを余儀なくされる。

 そして残り1時間を切ったところでフェラーリ勢もタイムを更新。セバスチャン・ベッテルが5位に浮上するが、キミ・ライコネンのタイムは伸びないまま。そんななかハミルトンが1分44秒223をマークし、タイムシートのトップに浮上。ロズベルグに約0.7秒もの差をつけて、フリー走行2回目を制した。


本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング