F1 ニュース

投稿日: 2016.06.18 17:39
更新日: 2016.06.18 17:41

メカUPDATE:フェラーリのリヤサスペンションは、マウント方法を変更


F1 | メカUPDATE:フェラーリのリヤサスペンションは、マウント方法を変更

 フェラーリがF1カナダGPから変更してきたリヤサスペンションについて、詳細が明らかになった。

 関係者の話を総合すると、サスペンション自体は素材、ジオメトリーともに、これまでと同様である。変えたのは、ボディ側のマウント方法ということだ。

 フェラーリはカナダGPからエンジンカウルの後端も改良している。リヤサスペンションはボディワークとオーバーラップするため、当初リヤサスペンションの変更は空力的な理由とも考えられた。しかし関係者によれば、カナダGPでのリヤサスペンションの変更は、タイヤのウォームアップを改善するためのものだという。

 フェラーリはスペインGPとモナコGPの予選で、うまくタイヤを温めることができずに不本意な結果に終わった。そこでチームはタイヤと車体をつなぐサスペンションを見直したのである。

 カナダGPの予選では低温だったにもかかわらず、メルセデスに迫ることができたフェラーリ。新仕様のサスペンションは今回バクーでも搭載、暑い気候でうまく使いこなせれば夏のヨーロッパ・ラウンドでも使っていく予定だ。


本日のレースクイーン

apr sweetプリンセス
non(のん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング