F1 ニュース

投稿日: 2016.06.18 21:25

ハミルトンが全セッションで首位! ボッタスに不運、ペレスがクラッシュ


F1 | ハミルトンが全セッションで首位! ボッタスに不運、ペレスがクラッシュ

 2016年F1第8戦ヨーロッパGPは、6月18日にフリー走行3回目が行われた。気温28度、路面温度は47度。トップタイムをマークしたのはメルセデスのルイス・ハミルトンで初日の1回目、2回目に続き、ここまで全セッションで首位に立っている。 

 金曜日のフリー走行でタイヤの損傷が確認された結果、6コーナー出口の縁石、12コーナーのイン側の縁石、そして15コーナーのイン側の縁石を除去、また視認性と安全性の問題からピットロード入口へと導入する白線の位置も移動した。

 セッション開始直後、そのピットロード入口付近で問題が発生する。ウイリアムズのバルテリ・ボッタスが排水溝の上を通過した直後に、外れた蓋がマシンの側面に接触してダメージを受けてしまう。結局、破損箇所を修復するため、ボッタスはタイム計測できずにセッションを終えることになった。

 序盤は昨日からタイムシートの上位につけていたフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスがともにソフトタイヤで1番手、2番手につけるなど、好調な仕上がり具合をアピール。するとスーパーソフトタイヤを履く、ダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンのレッドブル勢もタイムを更新。