F1 ニュース

投稿日: 2016.07.01 19:32
更新日: 2016.07.01 21:03

ロズベルグ、グラベルに飛び出しつつもトップ発進。縁石でトラブル発生


F1 | ロズベルグ、グラベルに飛び出しつつもトップ発進。縁石でトラブル発生

 F1第9戦オーストリアGPは、レッドブルリンクにて、7月1日の現地10時からフリー走行1回目が行われた。2014年に復活してから2連勝と、ここを得意としているメルセデスのニコ・ロズベルグが磐石のトップタイムで発進。2位は0.357秒差でチームメイトのルイス・ハミルトン。セバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネンとフェラーリ勢が続き、レッドブルのダニエル・リカルドがスーパーソフトタイヤで5番手につけている。

 セッションは気温18度、路面30度のドライコンディションで始まり、終盤は
気温22度、路面39度まで上昇。午後は雨の可能性もあるためか、各チームが積極的に走り込み、4.326kmの高速コースは大混雑となった。

 ハミルトンは開始25分すぎに3コーナーでスピン。それを避けようとしたハースのロマン・グロージャンもスピンを喫して、一時バーチャル・セーフティカー(VSC)状態に。

 “地元”レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、8コーナー出口の黄色の縁石に乗ってフロントウイングの左翼端板が脱落するトラブルに見舞われる。フェルスタッペンは、このときに縁石が「危険だ」と訴えていたが、その後またも縁石でフロントサスペンションとフロントウイングの右翼端板にダメージを負い、6コーナーのグラベルで止まってしまう。これで2度目のVSCとなり、フェルスタッペンは30分ほど残した時点で走行を終了。スーパーソフトで記録したベストタイムで8位に終わっている。


本日のレースクイーン

Arrange Lovely Cats
葵井えりか(あおいえりか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング