F1 ニュース

投稿日: 2016.07.03 17:08

オーストリアGP決勝直前情報:天気、縁石、タイヤ、そしてホンダが波乱を呼ぶか


F1 | オーストリアGP決勝直前情報:天気、縁石、タイヤ、そしてホンダが波乱を呼ぶか

 F1オーストリアGPの予選では、雨という不確定要素があったものの、チャンピオンチームのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。しかし、いくつかの理由によって、決勝レースは予測できない展開となる可能性がある。

 理由のひとつは、縁石の問題だ。金曜日にマックス・フェルスタッペンのサスペンションが壊れたときは、通常の縁石の外側にある段差が大きい黄色い縁石に乗ったことが、サスペンション破損の原因と思われていた。黄色い縁石はコース外を走るマシンがアドバンテージを得ないように設置されたものだったため、マシンを壊したくなけば、そこを通過しなければいいとされ、大きな問題には発展しなかった。

 ところが土曜日のニコ・ロズベルグ、ダニール・クビアトのサスペンション破損は通常の縁石部分で起きたため、状況が一変した。メルセデスのトト・ウォルフは、レースに先立ち、懸念を表明している。

「サスペンションには、それほど大きな荷重はかかっていなかった。だから何が原因なのか、まだ解明できていない。おそらくタイヤに妙な振動のようなものが伝わり、サスペンションを破壊したのではないかと考えられるが、まだ断定できないため不安がある。FIAがどのような決断を下すかは、わからない。黄色い縁石を撤去するかもしれないし、通常の縁石の段差をコンクリートで埋めるかもしれない。いずれにしても予選とレースに向けて、サスペンションを追加のカーボンファイバーで包んで補強することにした」

 土曜日の段階で、FIAは縁石の補修は行っていない。懸念を持つチームに対しては「必要以上に縁石へ乗らないように」という指示にとどまっている。


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング