F1 ニュース

投稿日: 2016.07.06 13:31
更新日: 2016.07.06 13:32

ロズベルグの代理人ベルガー「同士討ちは契約交渉には影響しない」と主張


F1 | ロズベルグの代理人ベルガー「同士討ちは契約交渉には影響しない」と主張

 ニコ・ロズベルグの契約交渉代理人を務めるゲルハルト・ベルガーによれば、オーストリアで起きたルイス・ハミルトンとの同士討ちが、ニコの契約交渉に影響を及ぼすことはないという。

 レースの最終ラップに起きたハミルトンとの衝突は、スチュワードによる審議の対象となり、ロズベルグに10秒のタイムペナルティとペナルティポイント2点が科せられる結果となった。 

 今季末にメルセデスとの契約が切れる彼は、折しもチームと契約延長についての交渉中だ。来季もメルセデスにとどまることが決まれば、ロズベルグは2010年の加入以来、このチームで8年目のシーズンを迎えることになる。

 契約の延長に関して、彼は「これから何年でも」メルセデスにいたいが、新契約の締結を急いではいないと語っていた。また、特定のマネージャーを持たない彼は、今回の契約交渉にあたって、代理人としてベルガーを雇っている。

 オーストリアでの一件が契約交渉に影響を及ぼすのではないかとの質問に、ベルガーは次のように答えた。
「いやいや、そんなことはない。それは近視眼的な考え方というものだよ。あるドライバーがレースで抜群に良い仕事をしたことと、その最終ラップで起きたことは、ふたつの違う出来事だ。これはレースだからね。私はニコに落ち度があったとは思わないし、ルイスに落ち度があったとも思わない」

 同様にメルセデスのボス、トト・ウォルフも、ロズベルグとの契約交渉に関して、この件によって何かが変わるということはないと明言した。
「ドライバーとの契約をどうするかは長期的な判断であり、レース中のひとつの出来事によって影響されることはない」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング