F1 ニュース

投稿日: 2016.07.07 18:27
更新日: 2016.07.07 18:31

F3ワールドカップ構想は、F1と併催の可能性も。伝統のマカオGPはどうなる?


F1 | F3ワールドカップ構想は、F1と併催の可能性も。伝統のマカオGPはどうなる?

 FIAとヨーロピアンF3選手権は、来シーズンのF3ワールドカップの開催について検討している。ワールドカップは年間3戦の開催が予定されており、同時にFIAは高騰した予算を制限するべく、来シーズン以降のレース数の縮小を考えている。現在、F3のトップチームでシートを獲得するために必要な持参金は約70万ユーロ(日本円で約7800万円)とも言われている。 

 F3世界戦と位置づけられるワールドカップは、独立したイベントとして開催するのか、レース数の増加に苦しむであろう資金力の乏しいチームに配慮してヨーロピアン選手権の1戦としてカレンダーに組み込むのか、現時点では決定していない。F3ワールドカップの開催地はバーレーンやアブダビ、メキシコの各サーキットで、F1グランプリのサポートレースとして行われるという噂もある。だが、開催地の具体的な特定は時期尚早であるようだ。

 仮に、今季は10月に行われるメキシコGPのサポートレースとして開催する場合、11月に開催されるF3マカオGPへ向けたマシンなど機材の輸送に関して深刻な影響を及ぼす。通常マカオGPへ向けた機材の輸送は、ヨーロッパでのシーズン終了後すぐにルクセンブルグ発で行われるためだ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング