F1 ニュース

投稿日: 2016.07.09 15:13

今宮純の金曜インプレッション:組織力のメルセデスに、レッドブルの天才が迫る


F1 | 今宮純の金曜インプレッション:組織力のメルセデスに、レッドブルの天才が迫る

 思わず終わって、にっこり。レッドブルのエイドリアン・ニューウェイとクリスチャン・ホーナー代表が微笑んだ。オーストリアGPのフリー走行1回目で、ダニエル・リカルド5位、マックス・フェルスタッペン7位。フリー走行2回目で、そろって前進し、2位と3位へ。高速シルバーストンでモナコGPフリー走行1回目の1位と4位に匹敵する初日発進ペースに、レッドブル再進撃の予感がする。

 いるべき人がいるとチームが引き締まって見える。ヨットのアメリカズ・カップ、ハイパーカーのアストンマーチンAM-RB 001、F1以外にかかわってきたニューウェイ。いまは2017年の新規定、大変更マシン・プロジェクトに取り組み始めていて、やる気満々とお見受けする。

「空力の天才」の透徹な目に、現在の技術をリードするメルセデスは、どう映るのだろう。以前あるメルセデス若手エンジニアに聞いたところ、現場に行かないスタッフたちが大勢いる部署は「空力科学研究センター」のような雰囲気だそう。若いエリート集団が次々にアイデアを出し、それが組織内で通る、風通しの良さがあるようだ。パワーユニットのアドバンテージだけではなく、W07シャシーのポテンシャルに結実していると想像できる。

 極言的な表現かもしれないが、個の力レッドブルvs組織の力メルセデス、それが金曜のインプレッションだ。天才ニューウェイが、このスポーツから距離を置いていた間、彼らは異なるメソッドで追いつき追い越していった。毎レース、虫眼鏡で見ないとわからないような細かな部分をモディファイしてくる最強チームは、今季一度たりとも「同じマシン」のままではなく姿かたちを変えてきた。

 メルセデスが投入するアップデートには失敗作がないよう映る。最初の走行でフロービズを塗りまくり、金網みたいな測定器具を装着して実地確認する他チーム。メルセデスW07では、あまり見たことがない。他チームがあわただしく、つけたり外したりして確認した末に「効果がないので今回は元に戻した」というケースは多い。一方、メルセデスの開発フローチャートは完璧に近い。


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング