F1 ニュース

投稿日: 2016.07.09 20:03

ハミルトンここまで全セッション首位、エリクソンはクラッシュでマシン大破


F1 | ハミルトンここまで全セッション首位、エリクソンはクラッシュでマシン大破

 2016年F1第10戦イギリスGP、フリー走行3回目が7月9日に行われた。気温17度、路面温度19度、路面コンディションがハーフウエットからドライへと回復していくなか、メルセデスのルイス・ハミルトンが初日に続いてトップタイムを記録。終盤ザウバーのマーカス・エリクソンが単独クラッシュを喫し、マシンを大破させた。 

 セッション前に降った雨の影響で、スタート時の路面はハーフウエット状態。真っ先にコースインしたエステバン・グティエレス、セバスチャン・ベッテル、フェリペ・マッサ、ロマン・グロージャンはインターミディエイトタイヤを装着して走行する。マクラーレンのジェンソン・バトン、フェルナンド・アロンソら、数台のマシンはウエットタイヤを選んだ。

 各車タイム計測を行わないまま約15分が経過したころ、フォース・インディアのセルジオ・ペレス、ニコ・ヒュルケンベルグがミディアムタイヤでコースイン。徐々に乾き始めた路面コンディションに合わせて、ドライタイヤで続々とコースへと出ていく流れとなる。

 そんななか、唯一ハードタイヤを選択したニコ・ロズベルグが1分33秒台のタイムでトップに浮上すると、ミディアムタイヤを履いたセバスチャン・ベッテルが1分33秒203でロズベルグのタイムを上回り、同じくミディアムのキミ・ライコネンも2番手で続いた。


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング