F1 ニュース

投稿日: 2016.07.13 16:07

急成長するフェルスタッペンを、ハミルトンが「あなどれない」と警戒


F1 | 急成長するフェルスタッペンを、ハミルトンが「あなどれない」と警戒

 F1イギリスGPで、マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスを目の当たりにしたルイス・ハミルトンは、いまや彼は「あなどりがたい存在」であると考えている。

 フェルスタッペンは、トロロッソからレッドブルへ移籍して初戦のスペインGPで優勝。オーストリアGPとイギリスGPでは、2戦連続となる2位表彰台を獲得した。シルバーストンでの2位は、ニコ・ロズベルグがレース後10秒加算のペナルティを受けた結果の繰り上がりではあるものの、フェルスタッペンは速さで上回るロズベルグを、まだ濡れていた路面でオーバーテイク。その後、数十周にわたって抑えこむことに成功している。

「レッドブルが速いことは、わかっていた。レースでは僕ら(メルセデス)のほうがレッドブルより0.5秒ほど速いペースになると言われていたと思う。彼らが僕たちに対抗できるだけのペースは間違いなくあった。マックスは素晴らしいレースをして、あなどりがたい存在であることを証明しつづけている」と、ハミルトンは語った。

 ロズベルグはフェルスタッペンのディフェンスと、度重なるライン変更は「限界ぎりぎりの危険行為」と言うが、メルセデスのトップであるトト・ウォルフは18歳の若手ドライバーの走りに、大いに感銘を受けた様子で、こう評価している。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています