F1 ニュース

投稿日: 2016.07.25 14:55
更新日: 2016.07.26 10:55

GP topic:黄旗振動下で、ロズベルグらがベストタイムを記録できた理由


F1 | GP topic:黄旗振動下で、ロズベルグらがベストタイムを記録できた理由

 F1ハンガリーGPの予選でポールポジションを獲得したニコ・ロズベルグ。しかし、ロズベルグがハミルトンのタイムを塗り替えたとき、ダブルイエロー(黄旗振動)区間を走行しており、自己ベストを更新したのは疑問だという声が挙がった。

 予選後、ロズベルグはメディアに対して「黄旗振動区間で大幅に減速した」と主張。しかしミーティングを終えても、なかなかメルセデスのエンジニアたちはトランスポーターから出てこなかった。広報担当が技術面を統括するパディ・ロウとメールを見ながら、深刻な様子で話し合い、不穏な雰囲気が流れていた。

 レース審議委員会は土曜日の19時すぎに「19時45分よりロズベルグとメルセデスの代表者を呼び出し、状況説明を求める」と発表。19時45分にはトランスポーターから出てきたロズベルグをチームマネージャーのロン・メドウとチーフレースエンジニアのアンドリュー・ショブリンがメディアから守るようにして、ひとことも話すことなくコントロールタワーへと入っていった(トップ写真)。

 それから約2時間後、レース審議委員会は「テレメトリーにより、ドライバーはターン8で大幅に速度を落としたことが確認された」と、ロズベルグを不問に付した。

 しかし、疑問は残る。なぜ大幅に速度を落としたにもかかわらず、ロズベルグは自己ベストを更新できたのか。


関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング