F1 ニュース

投稿日: 2016.07.29 08:17
更新日: 2016.07.29 14:27

“ばかげた”無線制限がついに撤廃。一部例外除き、会話が自由に


F1 | “ばかげた”無線制限がついに撤廃。一部例外除き、会話が自由に

 
 FIAの声明には以下のように記されている。
「チームおよび商業権保持者からの要求により、FIAは第27.1条(ドライバーは車両を“単独および他の助けを得ずに”走らせなければならない)の解釈に関し、より寛容なアプローチを取ることに合意した」 
 
「フォーメイションラップのスタートからレーススタートの間を除き、チームからドライバーに対するメッセージは無線、ピットボードのいずれに関しても制限は設けない」
 
「このアプローチは、ファンや観客に対してより充実した内容を提供するためのものであり、車両がガレージを出ている時は常に商業権保持者が無線メッセージに無制限にアクセス可能であることがチームに求められる」 
 
 フォーメイションラップからレーススタートまでの無線が制限されることで、スタートに際してドライバーたちはクラッチバイトポイントやマッピングに関する情報をチームから得ることはできない。
 
 会合後、エクレストンは、新規則は今週末のドイツGPから適用されると認めた。
「無線通信を再びオープンにすることに決めた。以前のように、皆、言いたいことを言えるようになる」とエクレストン。
「(無線通信制限は)ショーの面でいいことではなかった」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています