F1 ニュース

投稿日: 2016.07.30 23:17

ホッケンハイムでも「トラックリミット」に注意。FIAが判定基準を明示


F1 | ホッケンハイムでも「トラックリミット」に注意。FIAが判定基準を明示

 F1ドイツGPの予選・決勝を前に、FIAがホッケンハイムのターン1のトラックリミットについて見解を明らかにした。

 ホッケンハイムでは、金曜のフリー走行が始まるまでに、トラックリミットに関する具体的な言明がなく、しかもプラクティス終了後に「週末の残りを通じて、トラックリミットのルールが適用される」とだけ告げられたため、ドライバーたちには困惑が広がっていた。

 木曜日のストラテジー・グループの会合では、チームとFIAのレースディレクターのチャーリー・ホワイティングが、トラックリミット違反にペナルティを与える方針を変更することで合意に達している。

 だが、金曜日のメディア向けの会見で、ホワイティングはペナルティの廃止は「適切ではない」と述べた。実際、金曜のフリー走行1回目だけで、ターン1のトラックリミット違反が延べ93回もあったことが、それを裏づけているように思える。

 金曜の夕方、ドライバーズ・ブリーフィングでの話し合いのあとに、FIAは全チームに向けて、次のような内容の新しい指示書を送った。

「ターン12出口に新設された縁石の使われ方についての観察、および昨日(金曜)夕方のドライバーズ・ブリーフィングで出された意見に基いて、ターン1で走行が許されるトラックリミットは、縁石の外側の縁まで、すなわちコースから最も遠い縁までとすべきであると考えている」

「車体のいずれかの部分が、このリミットを超えたドライバーのパフォーマンスは審査の対象となり、リミットを超えることによってアドバンテージを得たかどうかが判定されることになる」

 先週末のハンガリーGPで、FIAは「(ハンガロリンクの)ターン4と11でトラックリミットを合計4回超えたドライバーには、ドライブスルーペナルティが科される」というルールを定めていた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
チャナナ沙梨奈(ちゃななさりな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング