F1 ニュース

投稿日: 2016.07.30 16:15
更新日: 2016.07.30 16:16

会見ピックアップ:無線解禁を歓迎。「放送禁止ボタン」がなくても大丈夫?


F1 | 会見ピックアップ:無線解禁を歓迎。「放送禁止ボタン」がなくても大丈夫?

 ドイツGP金曜会見は、やはり水曜のストラテジー・ミーティングで決まったばかりの「ハロ導入2018年へ延期」と「無線の解禁」についての話題を中心に、44分間にも及ぶ盛り上がりとなりました。

 そもそもチームの代表者で話し合って決まったことだけに、出席者から否定的な意見は出ず、優等生的なコメントに終始しました。

 コクピット保護システムのハロについては、誰もが「完璧なものを用意するためには時間が必要」「あと1年あれば、さらに優れたものができる」と異口同音に語りました。無線解禁についても歓迎の声ばかり。

 イギリスGPでペナルティを科されたメルセデスのパディ・ロウは「いままでのルールは複雑過ぎた。ピットウォールでも膨大なリストと見比べて伝えて良いのかいけないのかの判断をするのが大変だった」と振り返り「状況を打開する方法としては無線はまったくなしにするか、すべて解禁するかのいずれかだった。もちろんファンにとっては後者のほうが良かった」と、この結論に至った理由を説明。

 ハンガリーGPでペナルティを受けたマクラーレン・ホンダのマット・モリスは「我々は安全にクルマを走らせたいだけだったんだ。この決定は正しいし、常識が守られたと思う」と同調。レッドブルのポール・モナハンは「ショーとしてプラスになるし、ミュートボタン(放送に公開したくない会話をする際に押すボタン)が廃止されたのも良いことだと思う」と、自分たちには隠し立てするようなことはないと、さりげなくアピール。