F1 ニュース

投稿日: 2016.08.11 12:07

小松礼雄コラム 第11回:悔しい判断ミス。自己管理の難しさと夏休み


F1 | 小松礼雄コラム 第11回:悔しい判断ミス。自己管理の難しさと夏休み

 新生ハースF1チームに移籍し、チーフエンジニアとしてチームのレース部門を統括する小松礼雄氏。ハンガリーでは小松エンジニアがまさかの判断ミスで、順位を落とすことに……今回はハンガリーGPとドイツGPの2連戦を振り返るとともに、新生ハースの前半戦を総括し、小松エンジニアの休暇の考え方に触れます。F1速報サイトでしか読めない、完全オリジナルコラム第11回をお届けします。

——————————-

やっとスタート、新人チームの前半戦総括
小松エンジニアの、ハンガリーでの大きな判断ミス

 ハンガリーGPとドイツGP、今回は連戦となったこのふたつのレースについて、お伝えしたいと思います。まずはハンガリーですが、残念ながら僕の判断ミスで戦略を誤ってポイントを逃してしまいました。ロマン(グロージャン)は予選11位からスタートして、ピットイン前には10番手の位置にいましたが、ピットストップのタイミングが早すぎて、コースに戻ってからソフトタイヤで第1スティントを伸ばしていた(フェリペ)マッサと(ダニール)クビアトを抜けず、かなりタイムロスをしたことでレースが決まってしまいました。結局、マッサが25周目でピットインするまでずっとつかまってしまい、26周目までソフトで走っていた(ジョリオン)パーマーにまで抜かれてしまいました。

 誤算だったのが、19周目以降のマッサのペースの落ちがひどかったことです。ウチがピットインする前にマッサのペースを見たら、そこまで悪くなかったので、彼の後ろでコースに戻ってもそこまで悪くないと思っていました。ところがマッサのペースが19周目くらいからガクッと落ちて、その後25周目まで後ろに詰まってしまったのが、僕らのレースが終わったほぼ唯一の要因です。
 


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
荒井つかさ(あらいつかさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング