F1 ニュース

2018.08.28

ピレリ「セーフティカー導入で、余裕を持って1ストップ戦略が実行可能に」


F1 | ピレリ「セーフティカー導入で、余裕を持って1ストップ戦略が実行可能に」

2018 ベルギーグランプリ決勝

2番グリッドからスタートしたフェラーリのセバスチャン・ベッテル、スーパーソフト-ソフトと繋ぐ1ストップ戦略で優勝

1ストッパーが主流となった中、異なる戦略的アプローチも見られた

スタート直後の 1 コーナーでの事故によるセーフティカー導入が、オープニングスティントをより長いものに

2018年8月26日、スパ・フランコルシャン

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、スーパーソフト-ソフトと繋ぐ1ストップ戦略でスパを制しました。表彰台を獲得したドライバーを含む上位勢の多くが同じ戦略を採った中、後方のグリッドからスタートしたメルセデスのバルテリ・ボッタスは、2ストップ戦略で4位を獲得しました。

 ボッタスは、ソフトタイヤでファステストラップを記録しました。このタイムは、ウルトラソフトで記録された昨年のファステストラップを更新するものでした。ボッタスの後ろには2台のフォース・インディアが続きました。

 新生フォース・インディアにとっては、大きな励みとなる結果となりました。

 ルノーのカルロス・サインツJr.、マクラーレンのストフェル・バンドーン、フェラーリのキミ・ライコネンのみがミディアムタイヤを使用しました。バンドーンとライコネンは、1コーナーでの事故を受けて導入されたセーフティカー導入周回中にミディアムへ交換しました。

 昨日の雨の後、ドライコンディションが継続し、レース中の気温は19℃前後でした。

ピレリカーレーシング責任者マリオ・イゾラのコメント
「タイヤは、スパの非常に厳しい要求に良く耐えていました。序盤のセーフティカー導入によってオープニングスティントが長くなり、大半のドライバーが余裕を持って1ストップ戦略を実行できました。バルテリ・ボッタスは、スーパーソフトでの長い第2スティントを含む2ストップ戦略を採り、後方グリッドのスタートから4位を獲得しました」

「これから、来週開催される我々のホームレースの地、モンツァへ向かいます。モンツァでも今回と同じタイヤ選択となります」


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
芹沢まりな(せりざわまりな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング