F1 ニュース

投稿日: 2019.09.09 15:03

ピレリ「ソフトからハードの1ストップ戦略で記憶に残るホームレース優勝を果たしたルクレールとフェラーリ」


F1 | ピレリ「ソフトからハードの1ストップ戦略で記憶に残るホームレース優勝を果たしたルクレールとフェラーリ」

2019 イタリアグランプリ 決勝

2019年9月8日、モンツァ
フェラーリのシャルル・ルクレールが、ドライバー中で唯ひとり、ソフト – ハードと繋ぐ1ストップ戦略を採り、2週連続のポール・トゥ・ウィンを達成しました。ルクレールは、ソフト – ミディアムと繋いだメルセデスの猛追を抑え、フェラーリに2010年以来のホームグランプリ優勝をもたらしました。メルセデスの両ドライバーが残る表彰台を占めました。

キーポイント
・メルセデスのルイス・ハミルトンは、ルクレールよりも先にミディアムタイヤへ交換するピットストップを行い、「アンダーカット」を狙いました。しかし、ルクレールのペースはこれを許さず、ハードタイヤへ交換後もトップを堅持しました。
・チームメイトのバルテリ・ボッタスがルクレールを追う中、ハミルトンは終盤に2回目のピットストップを行い、ソフトタイヤでファステストラップを記録しました。
・前夜の豪雨の後、レース中はドライコンディションが継続し、気温は21℃、路面温度は35℃でした。
・グリッドペナルティによって後方からスタートしたドライバーたちの多くは、ミディアムタイヤでスタートしました。最後方からスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2回のピットストップを行いながらも8位を獲得しました。18番グリッドからスタートしたレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスは、7位入賞を果たしました。

各コンパウンドのパフォーマンス
ハード C2:フェラーリの両ドライバーが使用しました。ルクレールは、ハードタイヤの耐久性と一貫性を活かし、猛烈なプレッシャーに耐え優勝しました。
ミディアム C3:グリッド降格ドライバーを含め、14番グリッド以降のドライバーがミディアムでスタートし、ポジションアップを狙いました。
ソフト C4:トップ10グリッドのドライバーがソフトでスタートしました。ソフト – ミディアムの1ストッパーが最速戦略と予測されていました。ノリスとラッセル以外の全ドライバーが、ソフトタイヤを使用しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント
「ドライコンディションの下、予測通り1ストップ戦略が主流となった中、レースの中心は、ソフト – ハード戦略を採るフェラーリのルクレール対、ソフト – ミディアム戦略でアンダーカットを狙ったメルセデスのルイス・ハミルトンとの闘いでした。この両ドライバーにバルテリ・ボッタスも加わり、フィニッシュまで素晴らしい闘いが展開されていました。また、バーチャルセーフティカーの導入にも助けられ、ソフトタイヤによる印象的な長いスティントを走行したドライバーも見られました。記憶に残るフェラーリのホームレース優勝を果たしたシャルル・ルクレールとフェラーリを祝福します。また、トップ5に2台入賞したルノー、キャリアベストリザルトを達成したアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィを讃えたいと思います」

2019年F1第14戦イタリアGP ピレリのインフォグラフ
2019年F1第14戦イタリアGP ピレリのインフォグラフ

2019年F1第14戦イタリアGP ピレリのインフォグラフ
2019年F1第14戦イタリアGP ピレリのインフォグラフ

■コンパウンド毎のラップタイム上位
・ハードタイヤ
シャルル・ルクレール:1’23.009
ランド・ノリス:1’24.044
セバスチャン・ベッテル:1’24.343

・ミディアムタイヤ
セバスチャン・ベッテル:1’22.799
バルテリ・ボッタス:1’22.859
マックス・フェルスタッペン:1’23.143

・ソフトタイヤ
ルイス・ハミルトン:1’21.779
セルジオ・ペレス:1’23.770
ピエール・ガスリー:1’23.885

■最長スティント
ハードC2:シャルル・ルクレール 33Laps
ミディアムC3:アントニオ・ジョビナッツィ 31Laps
ソフトC4:ダニエル・リカルド 30Laps


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム