F1 ニュース

投稿日: 2020.01.27 18:04
更新日: 2020.01.27 18:08

ハースF1代表「アップデートが機能していないという自信が持てなかった」と後悔も2020年の復活に自信


F1 | ハースF1代表「アップデートが機能していないという自信が持てなかった」と後悔も2020年の復活に自信

 ハースF1チームのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2019年シーズンの開幕前に行われたテストの際、2019年型マシン『VF-19』の速さに不意を突かれ、早急にマシンの欠点を認めるのに十分な勇気を持てなかったという。

 2019年はマシンの空力やタイヤに関する問題に足を引っ張られ、ハースは苦戦した。シーズン中は複数回にわたってアップグレードを投入したものの、問題を解決できたのは第19戦アメリカGP後。2018年はコンストラクターズランキング5位だったのが、2019年は9位まで落ちてしまった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング