F1 ニュース

投稿日: 2020.02.19 16:39
更新日: 2020.02.19 18:13

アルファロメオF1、2020年型マシン『C39』をアンベイル。リザーブドライバーとしてクビサも参加


F1 | アルファロメオF1、2020年型マシン『C39』をアンベイル。リザーブドライバーとしてクビサも参加

 アルファロメオ・レーシング・オーレンは、2020年型新マシン『C39』をスペインのバルセロナ-カタロニア・サーキットで発表した。なお、チームはすでにC39のシェイクダウンを済ませている。

 2018年よりアルファロメオがザウバーF1チームのタイトルスポンサーを務め、この年は『アルファロメオ・ザウバー』の名前でエントリー。2019年より『アルファロメオ・レーシング』となり、チームにはベテランドライバーのキミ・ライコネンが古巣への“復帰”を果たし、ルーキーのアントニオ・ジョビナッツィとともに選手権を戦ってコンストラクターズランキング8位という成績を残した。


F1 関連チーム

本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
霧島聖子(きりしませいこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング