F1 ニュース

投稿日: 2020.02.29 07:58
更新日: 2020.02.29 07:59

ホンダF1、合計1549周を走り、2番手でテストを終了「序列の見極めは時期尚早だが、開幕に向けいい準備ができた」と田辺TD


F1 | ホンダF1、合計1549周を走り、2番手でテストを終了「序列の見極めは時期尚早だが、開幕に向けいい準備ができた」と田辺TD

 スペイン・バルセロナで開催されたF1プレシーズンテスト6日目最終日、レッドブル・ホンダからはマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボン、アルファタウリ・ホンダからはダニール・クビアトが参加し、開幕前最後の走行を行った。

 ドライコンディションとなった2月28日、アルボンは午前走行を担当し、59周を走り、1分17秒803(C3タイヤ)で14番手となった。レッドブルは、アルボンはハード寄りのタイヤでセットアップ作業を集中的に行っていたと述べている。アルボンはターン12でスピンを喫し、グラベルに飛び出すシーンがあったが、無事にコースに復帰した。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

マツモトキヨシレースクィーン
成沢紫音(なるさわしおん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング