F1 ニュース

投稿日: 2020.03.20 11:55
更新日: 2020.03.19 15:59

今明かされるデイモン・ヒル戦意喪失の理由。「仲間を殺しそうになるような間抜けであることに自分自身が耐えられなかった」


F1 | 今明かされるデイモン・ヒル戦意喪失の理由。「仲間を殺しそうになるような間抜けであることに自分自身が耐えられなかった」

 1998年、ジョーダン・グランプリへ移籍したデイモン・ヒル。ジョーダンは中堅チームからトップチームへの階段を登るために必要なピースとしてヒルを抜擢した。それまでのジョーダンは、基本的に若手起用を念頭に組織作りを行ってきたチームだった。将来有望な若手を契約ごとトップチームへ売り渡すことで成長を続け、まさに中堅チームの模範的なスタイルを貫いてきたと言える。

 それはチームオーナーであるエディ・ジョーダンのポリシーだった。彼にとってはドライバーもクルマのパーツの一部でしかない。それはトップチームのように資金が潤沢にあるわけではない中堅チームのオーナーならではの考えだった。そんなエディの意思に反して、チームは元ワールドチャンピオンのヒルを招き入れた。勝ち方を知るヒルを加入させることで、チームをさらに一段上のステージへあげるためだった。


本日のレースクイーン

WAKO'S GIRLS
南まりあ(みなみまりあ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング