F1 ニュース

投稿日: 2020.05.16 10:15
更新日: 2020.05.16 10:17

マクラーレンF1、リカルドに支払う契約金はルノーの半額か。パンデミックの影響で資金調達に奔走


F1 | マクラーレンF1、リカルドに支払う契約金はルノーの半額か。パンデミックの影響で資金調達に奔走

 ダニエル・リカルドは2021年にマクラーレンF1チームへ移籍するが、その理由が報酬ではないことは明らかだ。ルノーが2年契約で彼に用意したほどの額をマクラーレンが払うことは不可能であると思われる。

 ルノーとの2019年と2020年の2年契約において定められたサラリーは、7800万ドル(約83億5000万円)ともいわれている。しかしリカルドは、この契約が満了した後、マクラーレンに移籍することを決めた。ルノーよりもマクラーレンの方が、F1のトップに返り咲く可能性が高いと考えたからであろう。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム