F1 ニュース

投稿日: 2020.08.03 11:40
更新日: 2020.08.03 11:45

レッドブル・ホンダ分析:最後まで走りきる確信を持てずピットイン。5.8秒及ばずも、狙い通りのファステスト記録


F1 | レッドブル・ホンダ分析:最後まで走りきる確信を持てずピットイン。5.8秒及ばずも、狙い通りのファステスト記録

 レッドブル・ホンダにとって、2週間前の第3戦ハンガリーGPではスタート前にドラマがあったが、今回の第4戦イギリスGPではレース終盤にドラマが待っていた。

 残り3周、2番手を走行していたバルテリ・ボッタス(メルセデス)が左フロントタイヤをパンクさせたのである。すると、レッドブル・ホンダ陣営は、3番手を走行していたマックス・フェルスタッペンをピットインさせる決断を下した。

 その1周前の段階での上位陣の位置関係を整理しよう。


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング