F1 ニュース

投稿日: 2020.08.14 15:48
更新日: 2020.09.10 19:31

F1技術解説第5戦編:冷却系に異常発生。マクラーレンは原因つかめず、カウル後部を広げて対応


F1 | F1技術解説第5戦編:冷却系に異常発生。マクラーレンは原因つかめず、カウル後部を広げて対応

 先週末シルバーストンで行われたF1第5戦70周年記念GPでは、マクラーレンのカルロス・サインツJr.とランド・ノリスは同じエンジンカウルを使用していなかった。カウル後部の開口部が、サインツJr.車の方がずっと大きかったのである。空力的には明らかに不利になるが、それに目をつぶって冷却を優先させたということなのだろうか。

「カルロス車の方に、異常が検出されたんだ」と、マクラーレンのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・キーは言う。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています