F1 ニュース

投稿日: 2020.09.19 13:36
更新日: 2020.09.19 13:39

再浮上したF1リバースグリッド案にFIA会長とベッテルが反対を表明


F1 | 再浮上したF1リバースグリッド案にFIA会長とベッテルが反対を表明

 FIA会長のジャン・トッドは、F1にリバースグリッドシステムを導入することには反対の立場だ。しかし大半のチームが支持するのであれば、そのコンセプトに異議を唱えることはしないという。

 COVID-19パンデミックによりF1は大幅なカレンダー変更を強いられた。その際、一部レースでは従来の予選の代わりにリバースグリッドを採用したスプリントレースを開催するという案が議題に上がったが、メルセデスとレーシングポイントの反対により全会一致の合意が得られず、最終的には却下された。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています