F1 ニュース

投稿日: 2020.11.11 08:09
更新日: 2020.11.11 08:11

「ホンダPUを引き継ぐというレッドブルのアイデアはうまくいく」とメルセデスF1代表。2チーム残留のため尽力とも


F1 | 「ホンダPUを引き継ぐというレッドブルのアイデアはうまくいく」とメルセデスF1代表。2チーム残留のため尽力とも

 レッドブル・レーシングが2021年末でホンダがF1活動を終了した後、彼らのパワーユニット(PU/エンジン)を引き継いで参戦していくことを検討していることについて、メルセデスF1チーム代表トト・ウォルフは、そういった戦い方によりレッドブルが成功を収めることが可能であると、肯定的な見方を示した。

 ホンダのパートナーであるレッドブルとアルファタウリが、2022年以降、どのパワーユニットを搭載するのかを検討するなかで、レッドブル首脳陣は、ホンダのパワーユニットの知的財産権を取得し、自身で製造していくことを最優先に考えていると発言した。しかしレッドブルは、膨大な開発費用を使う余裕はないとして、規則でエンジン開発の凍結がなされなければ自社のパワーユニットを使用することは不可能であるとも述べている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング