F1 ニュース

投稿日: 2020.11.15 17:42
更新日: 2020.11.15 19:16

ペナルティによりマクラーレン勢やラッセルが降格/2020年F1第14戦トルコGPグリッド


F1 | ペナルティによりマクラーレン勢やラッセルが降格/2020年F1第14戦トルコGPグリッド

 2020年F1第14戦トルコGP決勝は、11月15日19:10からスタート。ポールポジションはレーシングポイントのランス・ストロールで、2番手にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、3番手にはセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が並ぶ。

 ホンダPU勢はアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が4番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーとダニール・クビアトはそれぞれ15番手、17番手で予選を終えたが、ガスリーは他車のグリッド降格ペナルティの影響でスターティンググリッドが変更になっている。

 11番手のランド・ノリス(マクラーレン)は、予選Q1終盤にターン8でダブルイエローフラッグが掲示された際に、規則に従った行動を取らなかったとして5グリッド降格ペナルティを科され、ペナルティポイントを3ポイント追加された。チームメイトのカルロス・サインツJr.も、Q2でペレスに対して不必要な妨害をしたとして、3グリッド降格ペナルティを科された。ペナルティポイントも1ポイント加算されている。

 またジョージ・ラッセルも、クビアトのスピンによってダブルイエローフラッグが出された時に十分な減速を行わなかったとして、5グリッド降格が決定。ペナルティポイントも3ポイント追加された。ただラッセルはパワーユニット(PU)の複数のエレメントを交換したことによるグリッド降格ペナルティを受けているため、最後尾からのスタートが決まっている。

■2020年F1第14戦トルコGP 暫定グリッド

Pos.No.DriverTeam
118L.ストロールレーシングポイント
233M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ
311S.ペレスレーシングポイント
423A.アルボンレッドブル・ホンダ
53D.リカルドルノー
644L.ハミルトンメルセデス
731E.オコンルノー
87K.ライコネンアルファロメオ
977V.ボッタスメルセデス
1099A.ジョビナッツィアルファロメオ
115S.ベッテルフェラーリ
1216C.ルクレールフェラーリ
1320K.マグヌッセンハース
144L.ノリスマクラーレン
1555C.サインツJr.マクラーレン
1626D.クビアトアルファタウリ・ホンダ
178R.グロージャンハース
186N.ラティフィウイリアムズ
1910P.ガスリーアルファタウリ・ホンダ
2063G.ラッセルウイリアムズ

関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング