F1 ニュース

投稿日: 2016.11.15 15:53
更新日: 2016.11.15 16:12

雨でも果敢な走りを見せたフェルスタッペンに、F1チーム上層部から驚きの声


F1 | 雨でも果敢な走りを見せたフェルスタッペンに、F1チーム上層部から驚きの声

 メルセデス・モータースポーツのトップであるトト・ウォルフは、ブラジルGPでマックス・フェルスタッペンの驚くべきパフォーマンスを目の当たりにし、F1における物理学の再定義を見たと語っている。 

 フェルスタッペンはインテルラゴスのひどく濡れた路面でも、1−2を達成したメルセデスの2台に次ぐ3位を獲得。ルイス・ハミルトンはチームメイトのニコ・ロズベルグを打ち負かして勝利をつかみ取り、タイトル獲得への希望をつないでいる。

 レッドブルを駆るフェルスタッペンは、素晴らしいオーバーテイクを何度も披露し、ロズベルグ、キミ・ライコネン、セバスチャン・ベッテルらを攻略した。また2位でロズベルグの前を走行していた際、高速になるストレート上で車体を大きくスライドさせたものの、ポジションをキープ。遅めのピットストップで新品のウエットタイヤに履き替えた後、残り17周で16位から3位まで順位を取り戻すなど、見事な走りを見せた。

 若干19歳のフェルスタッペンのレースを、ウォルフは「フェルスタッペンのショーだ! 本当に信じられないようなドライビングで、素晴らしいエンターテイメントだった。物理学が再定義されたようだ」と絶賛している。

 フェルスタッペンはグリップのあるラインを探り出し、難しいコンディションをものともせずに、ライバルのアウト側を走行。レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーも、この走りについて次のように述べた。

「とても特別なものだった。これ以上はありえなかった。コンディションは午後を通してずっと難しかったけれど、レースが始まると、すぐにキミを抜いている。あのターン1に向けての決定的な動きで、彼が真剣にレースをしていたことがわかる。その後のリスタートでは、ターン3でニコに対してかなり大胆に仕掛けていった。あれは、後に起きる出来事の予兆だった」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
辻門アネラ(つじかどあねら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング