F1 ニュース

投稿日: 2016.11.15 18:32

相次ぐ赤旗とSC先導にドライバーの不満が噴出。来季の新ルールによる改善に期待


F1 | 相次ぐ赤旗とSC先導にドライバーの不満が噴出。来季の新ルールによる改善に期待

 F1ブラジルGPを制したルイス・ハミルトンは、FIAの安全性を最優先する姿勢に理解を示しながらも、日曜日の決勝レースの中断は「無意味だった」と主張している。

 ウエットコンディションで行われたインテルラゴスではスタートがディレイとなり、セーフティカーが5回出動し、相次ぐクラッシュにより2度の赤旗が出された。このため、レースは終了までに3時間以上を要した。

 いくつかの判断には確かな意味があったが、長いセーフティカーの後に提示された2度目の赤旗については、特に困惑しているとハミルトンは言う。

「コースアウトが続いていたので、最初の赤旗については理解できる。コースに戻った後の2度目の赤旗のときには、コースはインターミディエイトでもいい状態だったのに、いつまでもセーフティカーが先導していた」

「路面はずっと同じような感じだった。そのまま走り続けられたから、セーフティカーを入れることは無意味だったよ。でも安全は何よりも優先されるし、今回がそういうケースだと判断したんだろうね。幸運なことに全員が安全に走れたのだから、正しい決断だったということだ」

 2位でフィニッシュした選手権トップのニコ・ロズベルグは、降水量が不安定だったため、オフィシャルは「微妙な判断」を迫られていたと話す。

「限界ギリギリだったけれど、最終的には正しい判断だった。良い仕事をしてくれたよ」

 メルセデスの両ドライバーと、今回3位でレースを終えたマックス・フェルスタッペンは、2017年の新ルールでマシンがより多くのダウンフォースを獲得し、ピレリがレインタイヤを改善すれば、雨のレースはいまよりもスムーズに運ぶだろうと考えている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport RacingGals
宮本りお(みやもとりお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング