F1 ニュース

投稿日: 2020.12.26 08:29
更新日: 2020.12.26 08:30

レッドブル社オーナー「ペレスの資金力に頼るつもりはない」タイトルスポンサー不在でもF1活動可能と断言


F1 | レッドブル社オーナー「ペレスの資金力に頼るつもりはない」タイトルスポンサー不在でもF1活動可能と断言

 レッドブル社の共同創設者で共同オーナーのディートリッヒ・マテシッツは、レッドブル・レーシングの2021年ドライバーとしてセルジオ・ペレスを選んだ理由は、純粋に彼の優れたパフォーマンスであり、彼を支援するメキシコ企業の資金ではないと語った。

 2021年に向け、レッドブルはアレクサンダー・アルボンをテスト&リザーブドライバーに降格し、ペレスを後任として抜擢することを決めた。アルボンは2020年に苦戦し、チームメイトであるマックス・フェルスタッペンとのギャップを縮めることができなかったためだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

KeePer Angels
後藤佑紀(ごとうゆうき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング