F1 ニュース

投稿日: 2016.11.15 22:05
更新日: 2016.11.15 22:17

F1 Topic:代表不在のブラジルGP。ロン・デニス失脚の噂にチームはピリピリ


F1 | F1 Topic:代表不在のブラジルGP。ロン・デニス失脚の噂にチームはピリピリ

 インテルラゴスのパドックに到着した木曜日、エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)に出会ってあいさつを交わしたとき、「今週末、ロンは来ているのか?」と尋ねたら、穏やかだった表情が一変して、「どうして、そんなことを聞く?」と言い返されてしまった。

 そこで「最近、見ていないから、元気かなと思って……」と言って、その場を取り繕いで、なんとか急場をしのいだ。それほど、ブラジルGPの週末のマクラーレンはこの話題に神経をとがらせていた。

 ロン・デニスがマクラーレン・テクノロジー・グループの取締役会で、会長とCEOの座を失う決議が下されたのは、公然の秘密である。その後、失脚を免れようと画策したため、75%の株式を持つ共同オーナーのマンスール・オジェ(25%)とバーレーン王室の投資ファンド、マムタラカト社(50%)が緊急取締役会を招集して、デニスの即時停職を決議したと報じられたため、ブラジルGPの週末は、マクラーレンは別な意味でメディアの注目を集めていた。

 しかし、ブラジルGPにはロン・デニスはもちろん、かつてF1チームのCEOを務め、現在はグループのCOOを務めているジョナサン・ニールも、そのニールに代わって9月からF1チームの新しいCEOに着任したヨースト・カピートの姿もなかった。レーシングディレクターのブーリエは、いわば現場監督。しかも、グループの一部であるF1チームの人間で、グループのことに関してコメントする立場にない。

 そのため、土曜日にマクラーレンで開かれた定例会見の「ミート・ザ・チーム」では、会見の冒頭に「われわれはF1のスタッフなので、グループに関する質問はここでは受け付けない。ロン・デニスは現在もグループの会長であり、CEOだ。以上!!」と語って、加熱するメディアに釘を刺した。

 しかし、この状況こそが現在のマクラーレンの状態を如実に物語っているように思える。チームの顔といえるオーナーや代表が不在なのである。


関連のニュース

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
辻門アネラ(つじかどあねら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング